April 03 2020 Friday at 12:21 PM

Deus Japan Custom Design 101 Session

日本のみなさん この英文のあとに日本語があります

With every seat in the house full, standing room running out fast and the press gallery champing at the bit. The guest list bulged, from former GP Riders to garage builders and old hands to soon-to-be-new riders, while the Café’s kitchen gurus and baristas worked the room to ensure bellies were full and whistles wet ahead of the evenings proceedings.

Sharing center stage with The FireFly were its creator Matthew Roberts and race team member Riku Emoto, limbered up and ready to kick into the evening’s bilingual tag team presentation - Deus Japan’s inaugural Custom Design 101 Session – to the international audience.

The night was broken into four presentations with ample time between each for all to meet the two in person and poke, prod, examine and photograph the real star of the show, this highly customized 1961 Honda Cub. In addition to seeing this stellar build in the flesh was the rare opportunity to view sketches and illustrations while hearing first-hand, in English and Japanese, the creative journey behind the Firefly’s concept as well as the challenges and triumphs of bringing it into reality.

Later in the evening Roberts went on to offer insights into Deus Japan’s approach to custom motorcycle design, taking questions from those gathered, plus sharing a dozen or more practical tips and tricks to help the budding garage builders in the crowd improve their custom game.

The combination of the gravitational pull of this little blue Cub with an uncanny ability to make new friends had drawn a diverse gathering of the devoted and the Residence of Impermanence had delivered with intimate atmosphere, good food and a sharing of the love-of-the-moto that saw all leave with smiles and an gleam in their eye for their next build.

2月4日Deus Ex Machina Harajukuでモーターサイクル・ディレクターのマットが自らデザインした Firefly (1961年型ホンダカブ)に生まれ変わるまでの4工程を映像とまじえ、マットとリクによるバイリンガル形式のワークショップが進められた。前回のワークショップは、テクニカルな内容だったが、今回はデザインに関するテーマだけに、 マットのトークが全開。満席の会場を大いに沸かせた。 プレゼンテーションは、カスタマイジングの概要として、デザインの発想の原点となったボトムリンク式のサスペンションへの想い、ビジョン、コンセプト、イメージスケッチといったマットのデザインへの概念的な話しからスタートした。二項目めは、コンセプトの現実化としてベースとなった1961年型のカブへの粘土等を用いてフレームやボディーのモックアップによるバイク全体のシルエットの構築という、バイク車輛の第一段階。カスタムデザインの全体像としてカスタムデザインの要となるシート、タンク、マフラーがフレームに対してバランスよく配置され理想的なフォルムを醸し出しているか等、機能美について語り、最後にバッテリーレスへのアプローチ各パーツの収納やワイヤーの形成といった組立の手順やコツについてマットの独特の語り口調で順次進められた。こうしてワークショップが進むに連れ、飲み物やフードを手にした国際色豊かなオーディエンス達は、食い入るようにFireflyの細部に目をやったり、メモをとり質問を投げ掛け、後半ともなるとオーディエンスの目は輝き、カスタマイジングへの興味と自分のバイクへの夢と希望を大きく膨らませていた。こうしてバイクを通して見知らぬ者達が会話を交わし、バイクへの興味を深めるというDeusらしい一期一会の一夜はあっという間に過ぎ去って行った。