April 03 2020 Friday at 02:20 PM

Neospi by Besso

Neospi “BESSO” the up-and-coming Tokyo-based art collective, held their first-ever exhibition in the B1 gallery space of Harajuku‘s Deus Ex Machina. The exhibition launched April 20th and went on for one month. “If we have a door we can exhibit anywhere.” is the BESSO motto. The creators, who rely on their intuitiveness, enjoy displaying their works in peculiar fashion to transform a space of their choice into a different environment. Then afterwards returning the space to its original state of affairs without leaving a single trace of what had just occurred. It’s their way of making an offering to their chosen venue. Under the seemingly complex theme “Neo Spiritual”, BESSO shot a blast of fresh air into DEUS’s basement gallery, a space that serves as a cultural melting pot, and offered a theme that onlookers could experience with their innate visual senses. Each work of art conveyed a strong message, making one think that to maintain harmony within in a joint exhibition of three BESSO artists would be too difficult. However, this presumption was expelled by the bold display created in the shape room adjacent to the gallery space. Giving new meaning to an existing space by altering its perspective entirely. The space felt full with the humor of the artists themselves. Perhaps this served as an opportunity for visitors to contemplate matters they wouldn’t normally through a close encounter with art. Indeed, people may have simply felt the frank, undeniable appeal of the art. In this space, perhaps it was possible to sense the “extraordinary” amongst the everyday “ordinary.” Neospi 4月20日より1ヶ月間、東京を拠点に活動する新進気鋭アーティストグループBESSOがDeus Ex Machina 原宿(B1F)ギャラリースペースにて初の個展を開催した。 彼らのコンセプトは「ドアさえあれば、僕たちはどこでも展示できる」 感覚を大事にする彼らは、好きな場所を見つけると作品をその場所に展示し、跡形もなく片付け、そしていなくなる。まるでその場所に捧げ物をしているかのように。 そんな感覚を持つ彼らが今回選んだ場所がDeus原宿B1Fアートギャラリー。 様々なカルチャーの混ざり合ったDeusの空間に新しい風を吹き込んでいて、ネオスピリチュアルと言う、一見難しいテーマも自然と目で感じ取ることができるアートギャラリーとなった。 一つ一つの作品にメッセージ性が強く、さらに三人での合同展となれば調和を保つのが難しいように思ってしまう。 そんな固定観念が吹き飛ばされたのがギャラリースペースに併設されたシェイプルームという空間を大胆に使ったインスタレーション。 元々ある空間に新しい意味を持たせ、全く違う見方に変える。そこにアーティストとしてのユーモアさが詰め込まれているように感じた。 日常で考えることのない事を、アートと触れることによって考えるきっかけになるかもしれない。 はたまた率直にかっこいいと感じるかもしれない。 このスペースで日常の中にある非日常を感じてもらうことができたことだろう。 クロージングパーティーでは彼らの友人であるPVLVによるライブが行われ、DEUSに飾られた作品と都会的な音楽とがお互いの良さを最大限に引き出し、1ヶ月間のネオスピは締めくくられた。 次に彼らが選ぶドアはどこだろうか。